Date: Thu, 2 Jul 2020 17:44:42 +0900
From: tulip-MLtoin@ml.mail.ne.jp
Subject: 【大学】新型コロナウィルス感染症によるサービスラ

====================================================
tulipメーリングリストは、桐蔭学園トランジションセンターが運営するMLです。
学校教育改革、学校から仕事、社会へのトランジション、人材開発等に関する講演会、シンポジウム、研修会等の案内が配信されます。ただし、配信=桐蔭学園トランジションセンターが推薦というものではありません。ご関心のある方は、どなたでもご登録、情報の投稿をおこなうことができます。
投稿、登録解除  https://www.toin-tc.com/tulip-ml
件名の冒頭に【社会】【大学】【高校】【中学校】など案内の対象が記されます。
参加費有料のものもあります。自身に必要な案内かどうかを判断してください。

※注意※投稿されたメールアドレスへ返信をしても投稿者への返信とはなりません。本文中に記載されたご連絡先への返信をよろしくお願いいたします。

====================================================
tulipメーリングリストをご覧の皆様

立命館大学サービスラーニングセンターです。

当センターでは、地域参加型の教育実践の事例検討と参加者どうしの
意見交換を行う「ボランティア・サービスラーニング研究会(VSL研)」を開催しています。 

2020年度第1回VSL研究会を下記の通り、開催を致しますのでご案内をさせていただきます。

以下、概要でございます。
================================================================================
2020年冬に突如として拡大した新型コロナウィルス感染症(COVID-19)により、4月から全国で緊急事態宣言による外出自粛となり、ほとんどの大学が対面授業からオンライン授業に移行しました。外出自粛が緩和されたのちも、対面授業の実施には慎重な大学が多いようです。そうした中、地域での社会貢献活動と大学でのリフレクションを往還しながら学びを深めるサービスラーニングは、地域活動の難しさとリフレクションを対面でできない困難に直面しています。

大学の年間プログラムに組み込まれているサービスラーニングプログラム(正課や課外問わず)が、COVID-19によってどのような影響を受け、どう乗り越えようとしているのか。各大学における影響やその対応策、さらには対応策の帰結を共有することで、グローバリズムの中で今後も起こり得るパンデミックを見据えたサービスラーニングのあり方を考える契機とすべく、第1回VSL研究会を開催します。感染者数が多い首都圏と、比較的少ない地方の大学でサービスラーニングプログラムを担当されている教員お二人をお招きし、春休みから6月におけるプログラム実施状況、実施にあたっての問題点とその対応策、これからのサービスラーニングのあり方へのお考えを共有いただきます。趣旨説明の中で、立命館大学のサービスラーニングプログラムについても情報を提供するつもりです。

本研究会はオンライン(ZOOM)での公開研究会とし、全国のサービスラーニングプログラムに関わる教職員、学生に、参加を呼びかけています。お二人からのお話を受けて、皆さんそれぞれの状況やこれからのサービスラーニングについて、意見を交換しませんか?

〇テーマ:新型コロナウィルス感染症によるサービスラーニングプログラムへの影響と対応
〇日時:2020年7月10日(金)16::30〜18:00
〇会場:オンライン(ZOOMを利用します。申込者には別途、URLとパスワードをご連絡します。)
〇参加費:無料
〇話題提供:青山学院大学教員 秋元みどりさん
       新潟大学教員   櫻井典子さん
〇進行:秋吉 恵(立命館大学 共通教育推進機構 准教授)
〇スケジュール
・趣旨説明(問題意識)
・話題提供と質疑応答 
・参加者同士の意見交換(グループワーク)
〇主催:立命館大学サービスラーニングセンターVSL研究会

【申込は以下のURLからお願いいたします】
https://program-service.ritsumei.ac.jp/public/seminar/view/4984
  

【問い合わせ先】 
立命館大学サービスラーニングセンターVSL研究会担当:秋吉
ritsvc@st.ritsumei.ac.jp